風呂敷の色々な結び方

Furoshiki


風呂敷には、あらゆる場面で使える無限の可能性があります。

それは、様々なかたちや大きさに変えられるからです。
そして、それをつかさどるものこそが、結び方なのです。

仕上がりの綺麗さは、最後の結び方ひとつでも大きく変わります。
綺麗に結んで形が整っている風呂敷は、見る人にもセンスの良さを
伝えることができるでしょう。
形が変わる

しかし実際は、通販などで買ったはいいが
どうやって風呂敷を活用したらいいか分からない、
そういった方も多いことでしょう。

そこで、通販で買ったあとも安心な、いろいろな結び方をご紹介していきます。
まずは基本の結び方を知ることで、いろいろな包み方を
より楽しむことができると思います。

結び方


もっともポピュラーなのは、真結びです。

これは、一般的な結び目とは違い、一度結べば解けないにも
かかわらず、解きたいときには簡単に解ける、便利な方法です。

まずは風呂敷の両端を持ち、左側を後ろにして両端を交差させます。
そして後ろにしたほうを巻き付けるように前に倒してから、
右側の布の下をくぐらせます。


それから右側の布を左に向かって倒し、左側の布を、そこへ被せます。
被せてできた輪に、下から右側の布を通します。

最後に、両端を引っ張って完成です。


他にも、重箱などを包むのに便利な四つ結びや、横に長いものを
包みやすい二つ結びもあります。

ぜひ、参考にしてみてください。